乳腺外科

乳腺内科

特色

当院ではマンモグラフィや超音波検査機器を備え、乳腺診療を行っております。乳腺炎などの乳腺疾患に加え、「検診マンモグラフィ読影医」「検診乳腺超音波認定医」の専門性を活かした乳がん検診を行っております。

乳がんの早期発見から治療後のフォローアップまで

「外科専門医」、「がん治療認定医」としての専門性と積極的な他施設との乳腺カンファレンスを活かし、乳がんの早期発見、治療や治療後のフォローアップまで幅広く診療しております。

「同時併用方式」による精度の高い診察

乳がん検診学会が推奨する「同時併用方式」での乳がん診療が行えます。
マンモグラフィを読影認定医が読影しながら乳腺超音波認定医が超音波検査を同時に行うことにより、より精度の高い診療が可能です。

撮影・介助を担当するスタッフは全員女性

マンモグラフィ撮影は認定女性放射線技師が担当、介助はすべて女性スタッフが行います。

担当医師

私達が乳腺診療を担当します。

院長 星野 好則

院長 星野 好則

医師 矢本 真子

医師 矢本 真子

女性医師による乳腺診療(午前のみ)をご希望の患者さんは受付で矢本(やもと)医師の診療を希望されてください。

連携パスについて

当院では「和歌山県乳がん術後連携パス」に則り、日本赤十字社和歌山医療センター(乳腺外科)、和歌山県立医科大学附属病院(第一外科)との乳癌連携パスを用いた術後フォローアップも行っております。乳腺外科による専門的フォローアップをご希望の患者様は連携パスによる当院への外来通院をご検討ください。

【当院はリビング和歌山から「地域医療連携で支える安心の乳がん診療」特集取材を受けました】

当院はリビング和歌山から「地域医療連携で支える安心の乳がん診療」特集取材を受けました

主な疾病対象

乳がん、乳腺良性腫瘍(葉状腫瘍、増大する線維腺腫など)、乳腺症、乳腺炎、乳腺膿瘍、モンドール病など

主な検査と治療

検査

乳腺3D超音波 ABUS

ABUS(エイバス)は優しいカーブのついたフィルターメンブレン上で超音波プローブをスキャンしながらスライドさせていくことで乳腺の3D画像を得る検査です。

乳腺3D超音波 ABUS

↑GEヘルスケア提供資料より

  • ▪︎適応について

    当院では超音波検査として、乳がんに対する検査が必要と判断された患者様に追加費用を頂戴せずに乳腺超音波検査として実施しております。(一般的には3万円程度の自費検査とされることが多いです)

  • ▪︎検査の注意点

    乳腺術後、痩せ型、ペースメーカー挿入後の患者様など検査に適さない場合がございます。外来でご相談ください。

  • ▪︎マンモグラフィとの比較

    当院では女性スタッフが検査を担当させていただきます。ABUS単独では診断できない乳がんがあります(石灰化病変)ので、原則、マンモグラフィとの併用検査がおすすめです。

    メリット
    • ・検査の時間が短い(所要時間約15分)
    • ・マンモグラフィと比べて検査時の痛みが少ない
    • ・乳房を触れられることなく検査ができる
    デメリット
    • ・体型や手術の影響で検査が難しいことがある
    • ・押されるような痛みを感じる場合がある

乳腺超音波診断装置

ゼリーを塗り乳腺に超音波のプローブ(探触子)を当てて検査します。
検査には乳腺専用のプローブを用います。
この検査では乳腺に発生するしこりの性質を診断することが可能です。
甲状腺腫大の有無、甲状腺腫瘍の検査、頚部リンパ節の検査、乳腺やわきのリンパ節の検査などが可能です。

乳腺超音波診断装置

マンモグラフィ

乳腺のエックス線撮影検査です。
現在、乳癌の検査に最も標準的に用いられている検査機器です。

超音波検査が腫瘤を形成する乳がんの発見が得意なのに対して、しこりを形成する乳癌だけではなく、しこりのしない石灰化を伴う乳癌にも有効です。

担当医師・撮影女性技師は乳がん検診精度管理中央機構の検診マンモグラフィー認定の資格を取得しています。

マンモグラフィ
  • ▪︎乳腺検査の費用

    胃内視鏡検査

    デジタルマンモグラフィ検査 (2方向)
    1割負担
    ¥550前後
    3割負担
    ¥1,800前後
    乳腺超音波検査
    1割負担
    ¥350前後
    3割負担
    ¥1,500前後
    マンモグラフィ+乳腺超音波検査
    1割負担
    ¥900前後
    3割負担
    ¥3,000前後

    ※乳腺検査以外の診察代、処方箋代、処置代などは含まれておりません。

    ※当院での治療・検査費は、厚生労働省告示による診療報酬点数表に基づいております。

治療

内服治療、手術治療など

よくある質問

外来医師について

乳腺外来は院長または矢本医師が担当します。院長はすべての診察時間、矢本医師は水曜日と木曜日の午前中が担当になります。外来選択はご自由になりますので、ご都合に合わせてご受診ください。

診察のご予約について

当院では順番待ちでの診察をお願いしております。ご協力をお願い申し上げます。

マンモグラフィについて

当院ではマンモグラフィは女性技師および介助者が原則として撮影を担当します

当院ではマンモグラフィは女性技師および介助者が原則として撮影を担当します。
妊娠中は検査ができませんので、ご注意ください。
妊娠準備中など、外来にてご相談ください。

超音波検査について

超音波検査は外来担当医師が外来診察中にその場で施行します。妊娠中でも安全に実施可能です。

超音波検査は外来担当医師が外来診察中にその場で施行します。
妊娠中でも安全に実施可能です。外来にてご相談ください。

ページトップ