外科・肛門外科

外科・肛門外科

特色

当院では小さな手術を中心に外科治療を行なっています。患者様にご負担が少ないよう治療が楽になるように心がけております。

主な疾病対象

一般外科、消化器外科の手術治療や術後管理を行います。疾病として鼠径ヘルニア、痔核、痔瘻、皮膚腫瘍、膿瘍などを取り扱います。

主な検査と治療

検査
血液検査、肺機能検査、心電図、レントゲン検査、CT検査、甲状腺・乳腺・腹部超音波検査があげられます。
治療
内服治療・外用治療・手術治療など

よくある質問

入院での治療だけでしょうか?日帰りでの手術も可能ですか?

疾病によりますが、入院でも日帰りでも患者様のご希望に合わせて手術可能です。外来でご相談ください。

術後の痛みなど心配です。

術後の疼痛ができるだけ少なくなるよう、小さな傷や痛み止めの使用など工夫をしております。

痔は手術しないといけないのでしょうか?

患者様の状態に合わせて治療をお勧めしております。手術せずに改善が認められることも多いです。緊急性がない限り、痛みのない保存的な治療を優先するように心がけております。

ページトップ