星野胃腸クリニック

お電話でのお問い合わせ

 TEL. 073-422-0007

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

乳腺外来


乳がん検診のご案内

 

 
当院ではマンモグラフィや超音波検査機器を備え、乳腺診療を行っております。乳腺炎などの乳腺疾患に加え、
「検診マンモグラフィ読影医」
「検診乳腺超音波認定医」の専門性を
活かした乳がん検診を行っております
撮影は認定女性放射線技師が担当し、
介助はすべて女性スタッフが行います。

女性医師による乳腺診療(午前のみ)をご希望の患者さんは
受付で矢本(やもと)医師の診療を希望されてください。
私達が乳腺診療を担当します

  院長 星野            矢本 女性医師

 
    

 

当院乳がん診療の3つの特徴

 
① 「外科専門医」、「がん治療認定医」としての専門性を活かし、
乳がん治療や治療後のフォローアップまで幅広く診療しております。
 
② 乳がん検診学会が推奨する「同時併用方式」での乳がん診療が行えます。
マンモグラフィを読影認定医が読影しながら乳腺超音波認定医が超音波検査を同時に行うことにより、より精度の高い診療が可能です。
 
③ 当院では介助を担当するスタッフは全員女性です。

【当院はリビング和歌山から特集取材を受けました】

マンモグラフィ





乳腺のエックス線撮影検査です。
現在、乳癌の検査に最も標準的に用いられている検査機器です。


超音波検査が腫瘤を形成する乳がんの発見が得意なのに対して、
しこりを形成する乳癌だけではなく、しこりのしない石灰化を伴う乳癌にも有効です。

担当医師は乳がん検診精度管理中央機構の検診マンモグラフィー読影医の資格を取得しています。


 

乳腺超音波診断装置






ゼリーを塗り乳腺に超音波のプローブ(探触子)を当てて検査します。
検査には乳腺専用のプローブを用います。
この検査では乳腺に発生するしこりの性質を診断することが可能です。
甲状腺腫大の有無、甲状腺腫瘍の検査、頚部リンパ節の検査、乳腺やわきのリンパ節の検査などが可能です。

介助はすべて女性スタッフが行います。

 

連携パスについて




当院では「和歌山県乳がん術後連携パス」に則り、 との乳癌連携パスを用いた術後フォローアップも行っております。

乳腺外科による専門的フォローアップをご希望の患者様は連携パスによる
当院への外来通院をご検討ください。

 
≪連携ノート≫